スマホで眼精疲労の原因

今やパソコンよりもスマホを利用する人の方が不得手いるそうです。

それによって眼精疲労を引き起こしていることが多く、若い人の目の疲れの原因になる場合もあるそうです。

スマホの画面から出ているブルーライトという強い光を見続けてしまうと目が疲れてしまって、しょぼしょぼしてきてだんだんと眼精疲労を引き起こします。

これはテレビ、パソコンなどでも同じなんですが、液晶テレビ、モニターからはブルーライトが出ているので、目を酷使してしまうことに。

スマホの画面からだけではなく、テレビやパソコンの画面からも強い光が出ています。

そのため、眼精疲労を改善したいのであれば、スマホ、パソコン、テレビを見るときは、適度に休憩を入れるなどしながら見るほうがよさそうです。

とはいっても、スマホは電車を待っている間とか暇つぶしなどには欠かすことができない必需品になっているので、大幅に見る時間を減らすのは難しいです。

そこで少しでも目の疲れを減らすために画面から目を遠ざけるようにしましょう。

近くで見るよりも少し距離をとって見た方が目が疲れません。

そして、スマホを使用している時はまばたきの回数が少なくなりがちなので、意識してまばたきをするようにしてください。

まばたきが少ないと目が乾いてしまって、眼精疲労の原因になります。アスタキサンチンのサプリの効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です