ホワイトニングを長く維持するには

審美歯科クリニック医にホワイトニング治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、ホワイトニングの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

周辺の歯に影響を与えたくないと希望があるケースではホワイトニング治療を考えた方が良いですね。長く根気のいるホワイトニング治療。

しかし、やっと治療期間が終わったと言っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。せっかく埋め込んだホワイトニングを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

口腔内ケアの仕方を病院で教えて貰える筈ですから、その通りのケアを心がけてちょうだい。
日常的な努力を積み重ねることが大切なのです。さらに、ホワイトニングにした部分には当然、自前の神経はないですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療後も定期的に審美歯科クリニックに通い、検診をうけるようにしてちょうだい。

長い期間と費用をかけたホワイトニング治療は、治療完了後、その通りで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。毎食後に磨きのこしがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、審美歯科クリニック医の検診を定期的にうけ、審美歯科クリニック医や衛生士に指導してもらうことが、ホワイトニング維持のために必要です。ホワイトニングが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病になることは珍しくありません。希望すれば誰でも、ホワイトニング治療をうけられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、ホワイトニングを入れられない」だったらまだあきらめなくて良いかも知れません。https://ミュゼホワイトニング.xyz/

審美歯科クリニック医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればまあまあ困難なケースでも治療が出来るようになっています。現状での最先端治療がうけられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。

他の審美歯科クリニック治療と、ホワイトニング治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です